So-net無料ブログ作成
検索選択


韓国ドラマ 「冬のソナタ」 あらすじ&感想

    【製作】2002年 全20話

    【出演】ペ・ヨンジュン
         チェ・ジウ
         パク・ヨンハ
         パク・ソルミ

    【監督】ユン・ソクホ

    【脚本】オ・スヨン





【あらすじ】

韓国・春川(チュンチョン)のユジン(チェ・ジウ)の高校に、カン・ジュンサン(ペ・ヨンジュン)が転校して来た。

ユジンは暗い陰を持つチュンサンに持ち前の快活さで向き合おうとし、 チュンサンも、そんなユジンにだけは少しずつ心を開いていく。
その二人の様子をユジンの幼なじみ、サンヒョク(パク・ヨンハ)は、複雑な思いで見つめていた。

そんな中、別れはあまりにも突然に訪れた。
惹かれ合う二人が待ち合わせをした大みそかの夜、 チュンサンが不慮の事故でこの世を去ってしまう。
雪の中、現われないチュンサンを、 ユジンはいつまでも待ち続けるのだった・・・。

10年後、設計事務所で働くユジンは、 サンヒョクにプロポーズされ、婚約することになる。
サンヒョクとの幸せな未来に思いを馳せるユジンだったが、 10年前の心の傷が完全に癒えたわけではなかった。

そんなある日、不思議な出来事が起こる。
高校時代の仲間チェリン(パク・ソルミ)が、チュンサンに生き写しの男性、 ミニョン(ペ・ヨンジュン)を連れて現われたのだ。ミニョンはチェリンの恋人だという。

動揺を隠せないユジンとサンヒョク。
ミニョンの明るく自信にあふれた性格は、チュンサンとは違っていた。

しかし、ミニョンとの出会いに何か運命的なものを感じたユジンは、 10年の時を経て、チュンサンの思い出とサンヒョクの誠実な愛との間で葛藤する。
過去の愛に苦しむ一途なユジンの姿に、ミニョンも次第に惹かれていく。

多くの人を傷つけると知りつつも、抗しがたい運命の力に惹かれあう二人の、甘く切ないラブストーリー。


【感想】  評価★★★★★

言わずと知れた、韓国ドラマの金字塔[ぴかぴか(新しい)]
私にとって、韓国ドラマを観た初めての作品です。(地上波初登場時)

このドラマのポイントは、高校時代の「初恋」が上手く出来ていたことにあると思います。
影のある転校生のチュンサン。明るくて人なつっこいユジン。
まるでコテコテの少女マンガのような展開がてんこもりだけれど、上手い具合に胸キュンに作られていたのが良かったです。
私は「ちょっと悪いっぽい男子と授業をサボる女子」っていう設定がツボなので、それがこの冬ソナにある所が好きでした[黒ハート]

韓国ドラマではよく出てくる「初雪」。
チュンサンったら、会う日を決めないで「初雪が降った日がデート」って、ニクイですねぇ~。

チュンサンがピアノで弾く、「初めて」という楽曲。
それが、ユジンとチュンサンにとって、二人で体験することや芽生えた気持ちが初めてなので、「初めて」=「初恋」にしているのが洒落ていて好きです。

そして、ユジンにとってはチュンサンがポラリス(北極星)で、ユジンの中心であり、迷わず目指す存在なのです。
それを、高校時代に盛り込んだことによって、ユジンにとっては揺ぎ無い想いになっています。
私は、このポラリスを使った設定&センスが大好きです[ぴかぴか(新しい)]

そんなチュンサンが、突然この世からいなくなってしまって・・・・10年後にそっくりな人が現れたら・・・・。
これはドラマだから「どうぜ、チュンサンなんでしょ!?」とは薄々感じるけれど、 ユジンの立場ちになったら普通じゃいられないですよ~。
またユジンが毎回よく泣くこと・・・・。なので、こっちも泣けてくるんですよね[もうやだ~(悲しい顔)]
でも、私はなんとなくサンヒョクの味方でしたが(笑)

私は、冬ソナの高校時代が好きなので、最初の2話は何度でも観たくなります。 とても高校生には見えないコスプレ状態ですが(笑)
残念なのは、高校時代のユジンの私服がダサいこと・・・です[たらーっ(汗)]


【音楽】  評価★★★★★

主題歌は『最初から今まで』

挿入歌の『My Memory 』や『あなただけが』など、どれもいい曲です[ぴかぴか(新しい)]





共通テーマ:テレビ








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。