So-net無料ブログ作成
検索選択


韓国ドラマ 「ありがとうございます」 あらすじ&感想

    【制作】2007年/全16話

    【出演】チャン・ヒョク
         コン・ヒョジン
         ソ・シネ
         シン・ソンロク

    【監督】イ・ジェドン

    【脚本】イ・ギョンヒ





【あらすじ】

国内最高レベルの大学病院で外科レジデントとして勤務するミン・ギソ(チャン・ヒョク)。

父親は、医者だったが患者を安楽死させたため失職し、母親と離婚してタクシーの運転手。
そして、母親は、大手企業グループの会長をしている。

傲慢だが天才外科医のギソと、同じ医師で末期ガンの恋人チャ・ジミン(チェ・ガンヒ)の二人は、ジミンの医療ミスでHIVに感染した子供に謝罪するためにその子が住む“プルン島”に向かっていたが、 ジミンは病気のため途中で息を引き取ってしまう。

「もし会えなかったらあなたが伝えて」という言葉を残して・・・。

痴呆のおじいちゃんと、病気の娘ボム(ソ・シネ)を抱える、シングルマザーのイ・ヨンシン(コン・ヒョジン)。

エイズに感染した娘を持ちながらも明るく強く生きている。

娘の父親は分かっているが、決して明かさない。

自暴自棄となり医師を辞めたギソは、ひょんなことから“プルン島”に行くことに。

そこで、自分を天使だと信じる8歳の娘ボムと、認知症の祖父を抱えるお人好しなヨンシン家の離れで居候を始めるが、ボムこそがあの子供だと知る・・・。

島ではボムの父親はソクヒョン(シン・ソンロク)ではないかと噂があり、その為ソクヒョンの母親はボムが自分の孫ではないかと疑いながらも、ヨンシンやボムに対して冷たい。

また、ソクヒョンもボムが自分の子供ではないかと思うのだが、ヨンシンは認めずにいた。

ギソは母親の仕事を継ごうと島を離れるが、ヨンシンやボム達のことを思い出す毎日。

そんなある日、ボムがエイズだということが島の人達に知れ、ヨンシンの家族は行き場を失う。

そして、自分がエイズだと知ったボムは一人で家を出てしまうのだった・・・・。


【感想】  評価★★★★★

このドラマを一言で言うと、「すごくいい[ぴかぴか(新しい)]」です。

とにかく笑って、泣けます。

なんといっても、痴呆症のおじちゃんミスター・リーが面白い[exclamation]

いつもチョコパイを食べているし、ボケているので行動が子供なんです。

孫のボムが一番しっかりしています。

ヨンシンはエイズに感染しているボムに、血が出た時は誰にも見せないで、自分ひとりで始末するように言ってあります。もちろんボムは自分がエイズだとは知りません。

エイズという病気があることも知りません。

なのでヨンシンはボムに、ボムは天使なんだと思い込ませ、「天使の血は、誰にも見せちゃいけないの。」と教えます。

私はこのセリフが大好きです[かわいい]

私には、こんな気の聞いた言葉は出ません[exclamation](笑)

ホント韓国ドラマって、いいセリフが多いのも魅力ですよね。

ミスター・リーに恋する、旅館のおばさんも面白いし。

ボムにそっくりの、ソクヒョンのお母さんもいい味だしてるし。
ソクヒョクも、ソクヒョンの婚約者も悪い人じゃない。

脇役達も良かった[ぴかぴか(新しい)]

後半はよく泣きました。

涙と一緒に鼻水もすごく出て、顔がぐちゃぐちゃでした[もうやだ~(悲しい顔)]

エイズという重い病気を扱っている作品ですが、決して暗いお話にはなっていません。

ボムがエイズだということが周りに知られた時の、島の人達の反応はちょっと怖く感じましたけど、その部分以外は面白かったり感動したりと、良い部分の方が圧倒的に多い、心を洗浄してくれる、よいドラマです[ぴかぴか(新しい)]


このドラマで、初めてチャン・ヒョクを観ましたが、ギソがかっこいいです。ホレます。

除隊後復帰作なんですよね。
演技のカンは・・・ちょっと鈍っているのかな?

前半、演技が大袈裟過ぎてると思いました[ふらふら]

あの場面とあの場面・・・。

それにしても、韓国ドラマに出てくる子役はかわいいですね。

ボム役のソ・シネちゃん、最初観た時は「他にもっとかわいい子、いなかったのかな~。」って思ったけど、「シネちゃんで良かった~[ぴかぴか(新しい)]」って思いました[exclamation]すごいかわいい[かわいい]

演技は上手いし、笑うと可愛いし、最高でした[わーい(嬉しい顔)]


【音楽】  評価★★★★☆

挿入歌の『ありがとうございます』など、全体的にいいです[ぴかぴか(新しい)]





共通テーマ:テレビ








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。