So-net無料ブログ作成


韓国映画 「おばあちゃんの家」 あらすじ&感想

     【製作】2002年

     【出演】ユ・スンホ
          キム・ウルブン
          トン・ヒョヒィ

     【監督】イ・ジョンヒャン
 
     【脚本】イ・ジョンヒャン






【あらすじ】

母親と二人でソウルに住むサンウ(ユ・ユンホ)は、 母親が新しい仕事を見つけるまでの間、今まで会ったことがなかった田舎のおばあちゃん(キム・ウルブン)の家で暮らすことになる。

話すことができず、読み書きもできないおばあちゃんをバカにし、不自由な山の生活に不満を爆発させるサンウはわがままのし放題。

しかし、決して叱らず、サンウの願いを一心に叶えようとするおばあちゃんにサンウは少しずつ心を開いていく。


【感想】  評価★★☆☆☆

この映画は、数々の映画祭で賞をとっている作品です。

『何か感動できる映画はないかなぁ』と探していた所、この映画の評判がいいので観てみることに[目]

役者の皆さんは、母子以外は地元の田舎の素人さん達です。なので、おばあちゃんも素人さんです。

そういう事もあって、演技力を期待できる作品では無く、全体的に地味です。

おばあちゃんは言葉をしゃべれないので、セリフはありません。手話で『ごめんね』と、胸をなでるしぐさをしたりします。
男の子は素人に近いながらも、役者は役者なので安心して観れる演技です。

ストーリーは、都会で育ったサンウがとてもワガママで、おばあちゃんに対してひどい事を数々します。
ほんとに、おばあちゃんが可哀相なんです[もうやだ~(悲しい顔)]

「バカ」と言ったり、「バカ」と壁に落書きしたり、ばあちゃんの一足しかない靴を隠したり。(裸足で歩くことに・・・)
「あれが欲しい、これが欲しい」と言い、おばあちゃんはそれに答えるために、節約してバスも乗らず歩いて家に帰ったり・・・。

確かにこういう子供はいそうだし、私も5歳ぐらいの時に田舎のおばあちゃん家に二ヶ月預けられてた時は、 ワガママを言ってたからリアルではあるんだけど、ちょっとやり過ぎなんです[ふらふら]

そんな男の子の成長記(?)

最後の方になっておばあちゃんの事を心配するようになってきます。

ソウルに帰ることになった男の子は、前の日に形のある『優しさ』を残して行きます[プレゼント]
それがこの映画の感動になるところです。これは良かった。

しかし、その良い部分がホントに最後の最後で短過ぎて、長い時間ワガママぶりを観て来た気持ちを消化しきれませんでした[ふらふら]

なので、これを良い映画というのか難しいです[たらーっ(汗)]


【音楽】  評価★☆☆☆☆

全体的に素朴なので、音楽も素朴です。





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。