So-net無料ブログ作成


韓国映画 「奇跡の夏」 あらすじ&感想

     【製作】2005年

     【出演】パク・チビン
          ソ・テハン
          チェ・ウヒョク
          パク・ウォンサン
          ペ・ジョンオク
   
     【原作】キム・ヘジョン

     【監督】イム・テヒョン

     【脚本】キム・ウンジョン


【あらすじ】

チャン・ハニ(パク・チビン)はやんちゃざかりの9歳の男の子。

おとなしくて優しい兄ハンビョル(ソ・テハン)は、 ハニの格好のいたずら相手だった。

ある日、ハンビョルは、具合が悪くて学校を早退する。

ハニも一緒に帰るが、寝ている兄の隣でテレビゲームに夢中になっていたところに 母親が帰宅し、「また塾をサボったわね」と言って、二人を叱る。

しかし、ハンビョルの真っ青な顔に気付き、すぐに病院に連れていき
検査をすると、ハンビョルが脳腫瘍であることがわかる。

事の重大さを分からず、病院という新しい遊び場が出来たと興奮気味のハニだったが、 次第に毎日、何かが変化していっている事に気づく。

いつも疲れた表情の脳腫瘍を患った兄、泣いてばかりいる母、冗談を言わなくなった父。
それまで無邪気にすごしていたハニの心にも変化が現れる。

子供ながらに、家族の幸せを取り戻したいと願う思いが強くなっていく
9歳のハニが起こした奇跡とは・・・・。

実際に脳腫瘍の子供を抱えた母親の手記「悲しみから希望へ」を映画化した作品。


【感想】  評価★★★☆☆

実話を基に制作された映画です。

病気が題材なので暗くなりがちですが、そこは、わんぱく少年ハニが元気を振りまきます[わーい(嬉しい顔)]

ある意味、空気を読めない子供ですけど・・・・[ダッシュ(走り出すさま)]

ストーリーの方は。
兄ハンビョルは無事に手術が終わり自宅へ帰りますが、容態が悪くなり再び入院することになります。

ハニは元気一杯の男の子なので、病院でじっとしてません。
病院をローラーシューズで走り、病室でもクルクル回っているし、 同室になったウク(チェ・ウヒョク)のことを田舎者よばわりし、乱暴な振る舞いをします[ふらふら]

そしてある日、ハニはクラスメイトにケガをさせてしまいます。
ハニが母親に叱られる前に兄ハンビョルが気を利かせて、ちょうど田舎の家に帰るウクと一緒にハニを遊びに行かせることに。

そこで2人は山に遊びに行くのですが、途中ウクが倒れてしまいます[がく~(落胆した顔)]
ハニ1人ではどうにも出来ないでいた所に 山に住む”ターザン”が現れ、ターザンが持っていた水を飲ませると、ウクは意識を取り戻し元気になります。

そして、ハニとウクの2人はすっかり仲良くなります[わーい(嬉しい顔)]

ところがある日、ウクが意識不明で病院に運ばれ、集中治療室に入ります[ふらふら]

そして、兄ハンビョルが、また手術することになります。

ターザンの水なら、兄ハンビョルを元気に出来ると考えたハニは、クラスメイトのチュンテと一緒に山に水をもらいに行くのでした・・・・[ぴかぴか(新しい)]


同じ病気の子供をかかえる親達の悲しみと、ハニと兄ハンビョルとウクの話しになっています。

また、このウクがいい味を出してます[わーい(嬉しい顔)]

ウクは『コメディアンになる事が夢』なので、人なつっこくてひょうきんな子供。 そして、いい子なんです。

たまたま兄ハンビョルと同室になった第三者なんですが、この作品にウクがいるかいないかで印象が違ってくると思います。
いい存在でした[ぴかぴか(新しい)]

そして、兄の病気の深刻さも分からなかったワンパク少年ハニが、ウクのため、兄のために走り回りまわる事になります。

最初、やんちゃなハニを大人しくさせる為に、父親が兄ハンビョルに『えんま帳』を渡し、 「悪いことをしたら、この『えんま帳』に書いてもらう。罰は棒で叩くこと。」と、ハニに言います。

そして、ハニが言うことを聞かない時は、兄ハンビョルはその『えんま帳』をチラつかせて、言うことを聞かせていました。

しかし後半、兄ハンビョルが2度目の手術の前日、その『えんま帳』をハニに渡し、 「もう必要ないから。お前はもう悪いことをしないから」と言います。

そんな兄ハンビョルのために、ハニが山に水を取りにいくんですが、 今まで犬猿の仲だったクラスメイトのチュンテと一緒・・・っていう所がいいんです[わーい(嬉しい顔)]

そして、病院に戻ったハニがいい演技力を見せてくれます[exclamation]

集中治療室で目を覚まさない兄ハンビョルは・・・・・[がく~(落胆した顔)]

そして、その隣りで寝ているウクは・・・・・・[がく~(落胆した顔)]

ラストは、悲しい余韻が残りつつも、温かい感じで終わります。

私は、ほんのり感動した作品でした[ぴかぴか(新しい)]

ひとつ気になったのは・・・・・・・、このストーリーの前半(3分の1)は夏ですが、それ以降は秋~冬なんです。

ハニが起こした”奇跡”は夏ではないので、タイトルと合わないなぁ・・・って思いました[ふらふら]


【音楽】  評価★★☆☆☆

全体的に普通。

エンドロールに、子供と大人のデュエット曲が流れます。
かわいい歌声です[ぴかぴか(新しい)]

タイトルは分かりません[ふらふら]





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。