So-net無料ブログ作成


韓国映画 「Mr.ソクラテス」 あらすじ&感想

     【制作】2005年

     【出演】キム・レウォン

     【監督】チェ・ジノン

     【脚本】チェ・ジノン








【あらすじ】

誰もが”ワル”と恐れる超不良青年のク・ドンヒョク(キム・レウォン)。

ある日、謎の犯罪組織によって突然誘拐され見知らぬ廃校で目を覚ました彼が、命と引き換えに要求されたもの。

それは、身代金でもリンチでもなく、なんと警察官採用試験のための受験勉強だった。

やがて、組織が派遣した”先生”による死と隣り合わせの教育を経て、し烈な受験戦争を見事勝ち抜いた彼は、凶悪犯罪担当の刑事になる。

しかし、第2の人生をスタートさせ、不良時代にはあり得なかった家族や同僚、社会に対する愛情に目覚め始めた彼に組織から 思いもよらぬ命令が・・・・・。


【感想】  評価★★★☆☆

暴力シーン満載のアクション映画です。

私は本来この手の映画は苦手なのですが、なかなか見ごたえのある作品でした[ぴかぴか(新しい)]

私的この映画の面白さは、ある謎の組織がドンヒョク(キム・レウォン)を警察官にさせる為に、『尋常じゃないやり方で勉強』をさせる所です[わーい(嬉しい顔)]

ドンヒョクは、母親が幼い頃に蒸発し、父親はドロボウとして捕まって刑務所に。
そして、一人で弟を養うために悪の限りを尽くしてきた男。

そんなドンヒョクが、ある日突然誘拐されて、素直に勉強をするはずがありません[ふらふら]

自分を誘拐した組織に勉強するを理由を尋ねても、 「勉強だけが生きる道だ。」と答えるだけで、理由は教えてもらえません。

そして、「退学は認めないが、中退は認める。死亡した時だけ。」と言われます[たらーっ(汗)]

やる気のないドンヒョクを強制的に勉強をさせる為に、ある時は、逆さまに吊るし上げ顔を水に沈めたり、 またある時は、顔だけ出して土の中に埋めたりします[がく~(落胆した顔)]

そして、早く問題を解かせる為に、線路に手錠で繋がれたり、 脱走しようとすれば銃で撃たれたり、足の骨を折られたりもします[がく~(落胆した顔)]

でも、それがなんだか面白いんです[わーい(嬉しい顔)]

このまま、この調子が続くのかな・・・と思っていたら、3分の1進んだ辺りで警察官になります。

そこからは、普通の刑事モノになってしまいました。

でも、ドンヒョクは元ワルなので、犯罪者はボコボコにされます。
しかし、昔と違うのは”正義に目覚めている”んです[ぴかぴか(新しい)]

そして、謎の組織の正体が分かってきます。

組織がドンヒョクを警察官にさせられたのは、犯罪組織の”スパイ”にするためでした。

でも、正義感の芽生えてしまったドンヒョクは、その組織に立ち向かって行くことになるのでした・・・[パンチ]


なかなかテンポよく進んでいくので、面白かったです。

ストーリー設定はいいと思うけど、後半は普通の刑事ドラマのような展開だったから、 前半のようなありあえない展開をもう少し楽しみたかった感じでした。

恋愛モノのが多いキム・レウォンですが、 こういうワイルドなのも、なかなか良かったです。

私的には苦手なジャンルだけど、なにも面白みのないラブストーリーよりは楽しめた作品でした[わーい(嬉しい顔)]

ドンヒョクの父親が、間寛平にそっくりなのが印象的です(笑)


【音楽】  評価★★★☆☆

全体的に普通です。





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。