So-net無料ブログ作成


韓国映画 「恋する神父」 あらすじ&感想

     【制作】2004年

     【出演】クォン・サンウ
          ハ・ジウォン

     【監督】ホ・インム

     【脚本】ユン・ウンギョン







【あらすじ】

ギュシク(クォン・サンウ)は、神父として生涯神に仕えることを目標に生きる真面目なカトリックの神学生。

夜遊びと縁の切れない親友のソンダル(キム・イングォン)とちがい、成績優秀&品行方正な彼は、 1ヵ月後の聖職授任式を経て正式に神父になる日を、いまや遅しと待ちかねていた。

そんなある日、ソンダルとともにミサの助祭をつとめたギュシクは、 おっちょこちょいのソンダルの巻き添えをくらって転倒し、大切な杯を壊すという大失敗をしでかしてしまう。

その罰として、ふたりが送られたのは山の上の小さな教会。

ここで彼らは神父というよりも大工と呼ぶ方がふさわしいナム神父(キム・インソン)の指導のもと、 精神修行の日々を過ごすことになる。

2.jpg

到着早々はりきって聖堂の掃除を始めたギュシクは、 祈祷のベンチで酔いつぶれて寝ている若い女性の姿を発見する。

起き上がった彼女は、なんと聖水を一気飲み。

それを止めようとしたギュシクは、もみあううちに彼女と唇を重ねてしまう。

これがファースト・キスだったギュシクは大ショック!

一方、ナム神父の元に連行された女性は、 実は神父の姪のボンヒ(ハ・ジウォン)だった。

家族と共にアメリカで暮らしており、 一足先に帰国した恋人のジソと結婚するつもりで、韓国に戻ってきたのだ。

しかしボンヒの結婚計画は、あっさり頓挫してしまう。
プロポーズされるつもりで会いに出かけたジソに、あっさり振られてしまったのだ。

しかも、アメリカへ帰りたくても先立つお金がない。

仕方なく彼女は、飛行機代をを稼ぐために1ヶ月間、教会の雑用係として働くことになる。

その日から、ギュシクの本当の苦行が始まった。

教会付属の幼稚園の生徒に下品な英語を教えたり、ビキニ姿で日光浴したり・・・。

次々とトラブルの火種をふりまくボンヒに、ギュシクは一日中ふりまわされっぱなしだった。

たまりかねた彼は、 告解にかこつけてナム神父にボンヒのハチャメチャな行動を訴えるが、逆にボンヒを更正させ、 洗礼を受けさせる役目を負わされてしまう。

いままで以上にボンヒといっしょにいなくてはならなくなってしまう。

しかし、神父になることを断念した先輩と会って落ち込んだギュシクを、 ボンヒがドライブに連れ出してなぐさめたことをきっかけに、 彼女の優しい一面にギュシクは気づくようになる。

ギュシクの中に、いつの間にか恋心が芽生え始めた。

一方、いまだジソに未練を残すボンヒも、無垢な心を持つギュシクにだんだん惹かれてゆく。

そんなある日、ジソがボンヒに会いに教会を訪れる。


【感想】  評価★★★☆☆

映像はキレイです。

季節が夏なので、清々しい夏の風景が良かったです[ぴかぴか(新しい)]

そして、タイトルから分かるように、神父(まだ神学生)が恋をします[ムード]

ボンヒ(ハ・ジウォン)を好きになった神学生ギュシク(クォン・サンウ)が、 初めて神以外の存在に恋をしてしまい、しかも、正式に神父になると結婚が出来なくなるので悩んじゃうってお話です。

ボンヒは、脱いだストッキングをギュシクに渡したり、ギュシクをバッグで叩いたり、素手で叩いたり・・・。
自由奔放なボンヒに振り回される、不器用で一生懸命なギュシク[たらーっ(汗)]

ただ、それだけのお話し・・・・・と言ってもいいかもです。

そんな二人のやりとりは面白いように作られていますが、私にはそれが面白いとは感じなかったし、 後半は切ない展開になりますが、切なくも感じない・・・・[ふらふら]

何も心を動かされることなく、最後まで観続けただけでした[目]

同じくこの作品を観た私の母は。
「ただ二人が何かやってて、”ふ~ん”って感じ。」って言っていました。

たしかに、その通りなんです。

全体的に上手くまとまっているんだけど、驚くような何かがないし、感動するような何かもない・・・・ そこがこの映画の問題でしょうか[たらーっ(汗)]


なので、ただ気楽に観る分にはいいかもですが、ストーリーを楽しむのには物足りない作品でした。

この作品には、「デオ・グラシアス」という言葉がよく出てきます。
『神に感謝』という意味のようです。


【音楽】  評価★★★★☆

全体的にいい感じです。

クォン・サンウとハ・ジウォン、そしてその他大勢の、歌&ダンスシーンがあります[ぴかぴか(新しい)]





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。