So-net無料ブログ作成


韓国映画 「彼女を信じないでください」 あらすじ&感想

     【製作】2004年

     【出演】キム・ハヌル
          カン・ドンウォン

     【監督】ペ・ヒョンジュン

     【脚本】チェ・ヒデ







【あらすじ】

詐欺罪で服役中のヨンジュ(キム・ハヌル)は、ウソつきの才能をフルに発揮して仮釈放に成功。

たったひとりの家族である姉の結婚式に向かうために、意気揚々と列車に乗り込んだ。

ところが、うとうとしていた彼女はふと目を開けると、見ず知らずの男が彼女の足の間を覗き込んでいた。

「この変態!」間髪をいれずに蹴り飛ばすヨンジュの剣幕に、他の乗客たちも大騒ぎ。

ヨンガンで薬局を営む薬剤師のヒチョル(カン・ドンウォン)は、恋人へのプロポーズに向かう途中で 結婚指輪を眺めていたとき、列車が動き出して手からぽとりと落ち、ヨンジュの足元に転がってしまったというのだ。

誤解が解けて一件落着と思いきや、ヒチョルがトイレに立とうとした瞬間、その指輪がスリにすられるのをヨンジュは目撃してしまう。

仮釈放の身の自分が泥棒に間違われたら大変と、列車を降りたスリの後を追い、 まんまと指輪を取り戻したはいいがその間に列車が動き出してしまった。

列車の中には姉への結婚プレゼントが入った大事なバッグがあったのだ。

指輪をヒチョルに返してバッグを取り戻そうと、ヨンガンへ向かったヨンジュ。

しかし、タクシー運転手のしつこい詮索に頭にきた彼女は、思わず「新しい嫁です」とつい口から でまかせを言ってしまう。

そのため、事態はとんでもないことに!

タクシーの運転手はヒチョルの叔父だったのだ。

たちまちヨンジュは、ヒチョルの父親、妹のスミ、おばあちゃんを始めとする大家族に取り囲まれた。

彼らに事情を説明しながら、ウソはどんどん膨れるばかり。

一方、恋人ジェウンに結婚を申し込みにいったヒチョルは、肝心の指輪を失くしたことに気づき、 彼女を怒らせてしまう。

意気消沈している彼のもとに、父親から即刻家に帰れと電話がはいる。

ワケも分からず家に戻ったヒチョルは、あの列車内で自分を死ぬほど殴った女が、婚約者になりすまして家族をいるのにびっくり仰天。

しかも、彼女を妊娠させて見捨てた血も涙もないサイテー男という汚名まできせられていた。

いくら根も葉もないウソだと主張しても、すべてが裏目に出るばかり。

家族みんながヨンジュの味方になってしまい、ヒチョルの信用度は落ちるところまで堕ちてゆく。

しかし、ヨンジュの方も内心穏やかではなかった。

最初はバッグを取り戻すための方便だったのに、事態はますます取り返しのつかない方向へひとり歩き。

ヨンジュの言葉を信じ込んでいる善良な彼らを裏切りたくない。

そして彼らの温もりの中にもう少し浸っていたいという気持ちから、彼女は真実を打ち明けることが出来なかった。

やがてその地方あげての一大イベント、「Mr.唐辛子コンテスト」の日が近づいた。

優勝者のMr.唐辛子には高額の賞金が与えられるのだ。

優勝賞金があることを企むヨンジュは、ヒチョルを参加させるために猛特訓を開始。

そのふれあいの中で、彼女は今まで知らなかったトキメキを彼に感じていく・・・・。


【感想】  評価★★★☆☆

ヨンジュは詐欺師なだけあって、ウソの涙を流しての演技をみんな信じてしまいます。

それで仮釈放されたヨンジュは、何か問題を起こしたらまた刑務所に引き戻されるし、 姉の結婚式にも行けなくなってしまうから問題を起こしたくないのです。

だけど、ヒチョルの指輪をスリにすられる所を見てしまったから、取り返すためにスリが降りた駅に降りてしまったから、さあ大変[あせあせ(飛び散る汗)]

ヨンジュは、スリから指輪を取り返したけど、バッグは電車の中・・・[がく~(落胆した顔)]

ヒチョルがチカンだとヨンジュに勘違いされた時に、誤解を解く為に自分の事を説明したヒチョルの話をたよりに、 彼を探すことになります。

そこで、乗ったタクシーでウソをついたことから、とんでもない展開になっていきます[ふらふら]

警官もヒチョルの妹も現れて、困ったヨンジュは倒れたフリをして病院に運ばれます。

なんとか逃げようとするが、見つかりそうになり、とっさに入った部屋が産婦人科の診察室でした。

その部屋から出た時に、 医者が「妊娠3ヶ月なので、安静にして下さい。」と声をかけた言葉を、 ちょうどヒチョルの叔母さんに聞かれてしまい、ヒチョルの家に連れて行かれます[ふらふら]

そこで、ヒチョルの両親やおばあさん等の家族に迎えられるんですが、 それでもなんとか家から脱走しようと試みるが、失敗・・・[たらーっ(汗)]

翌日、サウナに家族全員で行った先でも脱走を試みるが・・・・ヒチョルと遭遇して、口論をしてた所で家族に見つかります。

いつも逃げ出す展開がコミカルになっている所が面白いです[わーい(嬉しい顔)]

よほどヒチョルの家族に縁があるのか、逃げようとしてる時ことごとく家族に遭遇しちゃうんです。

ヒチョルの家族は、ボケたふりしているおばあちゃんが面白いし、 ミスター唐辛子を選ぶコンテストで、ヒチョルが歌うところは見ものです[るんるん]

あれは・・・演歌なのでしょうか?
なんか、そんな感じです。

ヒチョルが、ヨンジュがウソをついてることを何とか分かって欲しい様子も、 ヒチョルの家族がヨンジュを完全に信用しない様子も結構上手くデキています。

そして、周りの人たちがヨンジュの言うことを信用してしまい、ヒチョルが責められるのも面白いです[わーい(嬉しい顔)]

こうして、ヨンジュがこの家にいるうちに、ヒチョルの家族や親戚・縁者の温かさにふれ、本来の優しい心を取り戻して行きます。

純情でちょっと弱々しいヒチョルがいい味を出しています[ひらめき]

どちらかというと、恋愛面は弱いかな[バッド(下向き矢印)]

ウソをついたことによって、ドタバタな展開になってしまう方にスポットが当たっています。

あっさりしているので気楽に観れる映画でした[かわいい]

しかし、全体的に少しスパイスが足りなくて、私にはちょっと物足りなかった作品です[ふらふら]


【音楽】  評価★★★☆☆

全体的に普通です。












QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。