So-net無料ブログ作成
検索選択


韓国映画 「愛なんていらない」 あらすじ&感想

     【制作】2006年

     【出演】ムン・グニョン
          キム・ジュヒョク

     【原作】龍居由佳里

     【監督】イ・チョルハ

     【脚本】イ・チョルハ





【あらすじ】

愛を信じない冷酷なホスト、ジュリアン(キム・ジュヒョク)は、彼に貢いだ女性客が会社の金を横領して自殺未遂を図り、逮捕される。

出所した彼には巨額の借金が待ち受けていた。

そんなとき、父の死によって遺産を相続した盲目の娘ミン(ムン・グニョン)が行方不明になった兄を探していることを知る。

そんな彼女の所に、16年前に行方不明になった兄に成りすまたジュリアンが遺産を手に入れようと、後輩ホストのテホ(チン・グ)とともに、 ミンの暮らす豪邸に乗り込む。

ミンの家で応対したのは、ジンの携帯にメッセージを入れたパク弁護士、そして、15年家の管理をしているイ先生と会社の経営を任されているオ代表の3人だった。

パク弁護士から身元の確認が必要だと言われ、事前に得ていた情報を話しだすジュリアン。

そこにミンが現れ、ジュリアンを兄とは信じず追い返そうとする。

しかし、ジュリアンの懸命の芝居によって家に置いてもらえることに。

そこから、ミンの気を引くためのジュリアンの巧妙な作戦が始まる。

ジュリアンの思惑通りに、徐々に気を許していくミン。

そして、そんなミンのことが愛おしくなっていくジュリアン。

ミンに手術が必要な病気があることを知ると同時に、イ先生やオ代表の真の姿を知ったジュリアンは ミンを守ろうとするのだが・・・・正体をミンに知られてしまうことに・・・。

《2003年にテレビ放送された『愛なんていらねえよ、夏』の韓国版リメイク。》


【感想】  評価★★★★★

この作品は、始まり方がいいなと思いました。

トータルで言うと、スピード感があり、ドラマチックな仕上がりになっています[ぴかぴか(新しい)]

ミンは父親が無くなり財産を受け継ぐことになり、 ジュリアンは出所した時に迎えにきた後輩ホストのテホから、後輩ホストのジン(ミンの実兄)が事故で死んだことを知らされます。

ホストクラブに戻ったジュリアンのところにある日ファンスが現れ、「28億7千万支払え」と言い渡し去っていくのですが、このファンスの登場の仕方がなかなか良かった。

ファンスの運転する大型トラックが逆走して、ジュリアンの乗っている車に向かってくるのですが、ちょっとしたスリル感がありました[車(セダン)][どんっ(衝撃)]

巨額の返済期限は1ヶ月。

その1ヶ月の間に完済しなければ殺されてしまう為、ジュリアンはどんな手を使ってでもお金を集めようと 四苦八苦していた時、亡くなったジンの携帯にジンの父親が亡くなった知らせのメッセージがあるのをジュリアンが聞き、そこで思いついたのがジンになりすまして財産を貰うことでした。

そんな事情で出会ったジュリアンとミンは、共通して『愛なんていらない』と思っている2人なのです。

ミンの両親は離婚、そして兄は16年前に家を出て、さらに5年前に視力を失ったことで心にも闇を抱えてしまい、とても気が強い子でした[ふらふら]

ジュリアンはミンのサインがなければ遺産を分けてもらえないので、そんなミンの心を開かせる為に心理作戦を試みます。

ジュリアンはナンバーワンホストなので、女性の心を手玉に取るのは容易いことだったのかもしれません。

しかし、ミンの場合は違っていました。

おそらく、ミンが自分に似ていることや、ホストクラブに来るような女性達とは違って純粋だったからでしょうか。

ジュリアンのことを本当の兄だと思い、慕いだしたミンの言動にジュリアンの心が揺れだすのです。

ミンの凍った心が溶けていくと同時に、ジュリアンの凍った心が溶けて行く様子は、やはり観ていていいものでした[わーい(嬉しい顔)]

自分の命がかかっているジュリアンなのですが、究極の選択をします。

それと同じくして、ミンもそうなのですが・・・。

大抵のストーリーの中で主演の2人が出会えば、2人が恋に落ちることが予想されますよね。

この作品も例外ではなく、予想通りの展開になっていくのですが、 テンポがよくドラマチックさがあるので、予想通りの展開になろうとも面白く感じられました。

この2人の選んだ道は・・・・、自分の命をかえりみない行動でした[がく~(落胆した顔)]

それほど、お互いの存在が大きくなっていたのでしょう。

ジュリアンのラストが衝撃的でちょっと重い部分もあり、ラストの締めくくりも韓国らしいオチになっています。

ラストは2人の笑顔が観れますけど・・・、重いストーリーが苦手な方もいると思うので、 この映画はちょっと重いとだけ伝えておきます(笑)

私がこの映画を観たのが夜寝る寸前だったせいで、その日は重い夢を見てしまい1日どんよりしてしまいました[ふらふら]

でも私的には嫌な後味はしなかったです。

結局は、2人が出会わなくてもそういう運命になっていたであろう2人なので、 まともな心を取り戻しただけでも2人は幸せだったのではないかと思いました。


【音楽】  評価★★★★★

メインテーマソングは、BOAが歌う『Sunshine』。

音楽を効果的によく使っていて、全体的にとてもいい感じです[ぴかぴか(新しい)]





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。