So-net無料ブログ作成


漫画 「好きっていいなよ。」 3巻 あらすじ&感想

 【発売】2009年8月

 【あらすじ】
 学校一のモテ男・黒沢大和とお付き
 合いを始めて半年の橘めい。

 大和を知るにつれ恋心を自覚し始
 め、女の子として目覚めていく。

 しかし、大和への好意を隠さない愛
 子に挑発され続けて、初の恋のバト
 ルに・・・?




【感想】

3巻は、めいが大和と付き合い始めたことで、愛子がモヤモヤした気持ちを大和に打ち明けます[ふらふら]

そして、めいを大和から引き離そうとたくらむのですが・・・[がく~(落胆した顔)]

めいの大和への気持ちを知ると、2人の間には入れないことを悟るのです。

めいはめいなりに、大和を想う気持ちが一杯一杯なのでした[ふらふら]



そして、新しいキャラの大和の妹の凪(10歳)が出てくるのですが。

凪も、心に穴が空いている子でした[もうやだ~(悲しい顔)]

ですが、そんな凪とめいは仲良くなっちゃいます[わーい(嬉しい顔)]



それから、もう1人新しいキャラとして登場したのが、小悪魔キャラの北川めぐみ[がく~(落胆した顔)]
(大人気漫画の『君に届け』で言えば、胡桃沢梅(通称くるみ)のようなキャラです。)

一目で大和の事を気に入っためぐみは、すぐにモーションをかけ始め。

めいを不安にさせて行く存在となっていきます[ふらふら]


大和を気に入って近づいてくる女が多いので、めいは大変[たらーっ(汗)]

大和を好きになれば好きになるほど、焦りや怒り。

そして、嫉妬や孤独感を抱き。

弱くなっていく自分を感じるようになって行くのです・・・[もうやだ~(悲しい顔)]


バレンタインのエピソードがありましたが、コレは私的はちょっとイマイチ[バッド(下向き矢印)]

めいにとっては大和は初めての彼氏なので、初めて経験するバレンタインも必要なエピソードのひとつだけど。

もうちょっと、案を練って欲しかった内容でした[ふらふら]



この作品は、1話ごとのエピソードになっているので2人の事が飛躍するし。

都合よく進んでいくので、違和感もあったりするけど。

胸キュンな作品なので、好きです[揺れるハート][わーい(嬉しい顔)]



3巻は、めいの大和への気持ちが大きくなり。

それと同時に、負の感情も膨らんでいくという展開で。

今まで自分の中になかったいろんな感情と向き合うめいに、『恋ってエネルギーがいるよね~』と思う、私なのでした~(笑)



3巻は、大和に胸キュン出来るシーンが無くて、ちょっと残念[バッド(下向き矢印)][ふらふら]














QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。