So-net無料ブログ作成
検索選択


韓国映画 「永遠の片思い」 あらすじ&感想

     【制作】2003年

     【出演】チャ・テヒョン
          ソン・イェジン
          イ・ウンジュ

     【監督】イ・ハン

     【脚本】イ・ハン






【あらすじ】

ある日、ジファン(チェ・テヒョン)の元に突然届いた差出人の名前のない一通の手紙。

封筒の中には、1枚の写真。

そこには、たった一書「逢いたい」とだけ描かれていた。

ふとジファンの胸に蘇る懐かしい思い。

5年前の夏、彼が働くカフェに来たスイン(ソン・イェジン)とギョンヒ(イ・ウンジュ)という女の子と出逢った。

一緒に映画に行き、旅をし、心から笑い、喧嘩をし、泣いた。

たくさんのかけがえのない日々を過ごした。

身体が弱く、子供の頃から助け合って生きてきたスインとギョンヒにとって、ジファンは初めて心を開いた友人でもあった。

やがて3人は、友情の置くに芽生えた別の感情に気づきはじめる。

今の関係を大切にしたいからこそ伝えられない、好きという気持ち・・・・。

だが、そんな日々も突然終わりを告げることになる。

スインとギョンヒからの連絡が途絶えてしまったのだ。

実は、彼女たちにはジファンに隠していたある秘密があった。

限りある命、残されたわずかな時間。

ジファンを悲しませたくなくて言えなかった「さようなら」・・・。

もう一度逢いたい。

あの頃告げられなかった想いを伝えるために・・・。

だが、喜びに迎えられた運命の再会は、やがて直面する悲しい別れへと続いていた・・・。


【感想】  評価★★★☆☆

この作品は、3人の男女の友情と恋の物語です[かわいい]

いつもコミカルな役が多いチェ・テヒョンですが、この作品では普通っぽい役でした。

ソン・イェジンは、またもや(笑)か弱いスイン役。

そして、その対象としてサバサバとした元気なギョンヒを、イ・ウンジュが演じています。

私は、このストーリーのあらすじなど知らずに観始めたので、 現在と過去が入り混じっていることに気づくまで頭の中でこんがらがっていました[たらーっ(汗)]

この映画は、ジファン(チェ・テヒョン)の元に差出人の名前のない一通の手紙が届いたことから、 過去を思い出す展開で進んでいくストーリーなのです[exclamation](笑)

5年前、カフェ店員のジファンが店に訪れたスインとギョンヒに出会うのですが、 スインに一目ぼれをしたジファンが店を飛び出して2人を追いかけ、 2人を見つけた喫茶店でジファンがスインにアタックするものの、あえなく失敗[ふらふら]

しかし、その後たびたび会うようになる3人なのです。

ジファンはスイン狙いなのに お邪魔虫のようにいつもギョンヒがいるわけで、ギョンヒにとってはジファンがお邪魔虫なんですが・・・、 ジファンはいつも女性2人の間に挟まれて、両手に花状態の奇妙な仲良し3人組となっていきます。

一緒に映画に行ったり、旅行に行ったり、そんなキラキラした楽しい日々を過ごしていた3人[ぴかぴか(新しい)]

そんな関係が徐々に形を変えて行きます。

スインを好きだったジファンがギョンヒに惹かれて行き、ギョンヒもまたジファンを好きに・・・[ハートたち(複数ハート)]

でも、今の仲良のいい3人の関係を壊したくないギョンヒは、切ない想いを言葉にすることが出来ませんでした[バッド(下向き矢印)][ふらふら]

そんなある日、ギョンヒとスインの2人が突然ジファンの前から姿を消してしまうのです[がく~(落胆した顔)]

それから5年・・・。

現在に戻り、届いた手紙の送り主を探すジファン。

そして、徐々に足取りをつかんでいき、2人が突然姿を消した謎が明らかになって行きます。

真実が分かってくると、『へぇ~、そうだったのかぁ~』という展開があるので、 この辺の裏切り感はオリジナリティがあって良かった[わーい(嬉しい顔)]

スインとギョンヒの2人の”秘密”には、子供だった頃の2人の発想からくるもので、 本当にお互いを支えにしながら生きていた無二の親友だったということが分かります。

切ない展開の後半ですが、このスインとギョンヒの女同士の強い友情が私的には好きでした[ぴかぴか(新しい)]

そして、元気ハツラツだったギョンヒが、同一人物とは思えないほどの暗い風貌になってしまう後半に驚きます。

そのギョンヒが印象的で、なぜか私的には怖かった・・・[ふらふら]

前半から後半への流れとしてはありきたりなんですが、友情と恋がバランス良く作られている作品だと思います。

男女の仲良し3人組はいいですね[るんるん]

ただ、男1人女2人だと女1人が可哀相な思いをするのが目に見えているので、 女性心理としてはやはり男2人女1人の方がベストですが[exclamation][わーい(嬉しい顔)](笑)

ジファンの妹に、ムン・グニョン。

バスの乗客に、イ・ムンシクがちょい役で出てきます[わーい(嬉しい顔)]


【音楽】  評価★★★☆☆

全体的に普通です。





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。