So-net無料ブログ作成


韓国映画 「カンナさん大成功です!」 あらすじ&感想

     【制作】2006年

     【出演】キム・アジュン
          チュ・ジンモ

     【原作】鈴木由美子

     【監督】キム・ヨンファ

     【脚本】キム・ヨンファ
          ノ・ヘヨン




【あらすじ】

身長169cmにして体重65kgのダイナマイトボディを持つカンナ(キム・アジュン)。

持ち前の美声を活かし、歌手になることを夢見て音楽業界を目指したものの、たどり着いたのはスター歌手の裏舞台で声をあてる、”影の歌手(ゴーストシンガー)”だった。

スポットライトの当たらない舞台裏に立ち、それでも彼女は満足している。

その場所には立つ時だけは、想いを寄せているプロデューサーのサンジュン(チュ・ジンモ)をモニター越しに思う存分眺めていることが出来るからだ。

そんなカンナに、やがて決定的な転機が訪れる。

ある日聞いてしまったサンジュンの本音。

「カンナには才能はあっても、美貌はない。カンナを利用しろ。逃げられたら終わりだ。」

決定的な現実を突きつけられたカンナは、幸せになるために決死の一歩を踏み出す。

1年間行方不明になり、全身整形をしてしまうのだ。

スレンダーな美女に生まれ変わったカンナは、親友が見ても気づかない程。

それを利用して、”影の歌手”を探しているサンジュンに会いに行く。

米国育ちの”ジェニー”と名乗るカンナに気づかないサンジュンは 彼女の歌声を気に入り、”影の歌手”ではなく”歌手”としてデビューさせることに・・・。

サンジュンと一緒の時間を過ごせカンナは幸せではあったが気持ちは複雑だった。

得るものと引き換えに大切なものを失い、 カンナとして生きて行けない切なさが、自分自身を苦しめていた。

そこで、ジェニーとして歌手デビューを果たしたカンナが、初コンサートで思いもよらぬ行動に出る・・・。


【感想】  評価★★★★★

2006年度、韓国で660万人を動員し、韓国アカデミー賞にて最多12部門ノミネートされ、 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」を超えて、韓国No.1の大ヒットを飛ばした作品。

日本の少女漫画が原作になっています。

この作品は、よくありがちな設定ではあるものの、 衣装や小物などストーリー以外の物にいたるとこまでセンスを感じ、 コミカルな所や切ない所など全体的にバランスが良いいしテンポもいい、 韓国で大ヒットしたのもうなずける作品だと思いました[わーい(嬉しい顔)]

ただのラブコメだと思っていたら大違い。

これは感動モノだったのです[ぴかぴか(新しい)]

私はちょい泣きしました[もうやだ~(悲しい顔)]


容姿はイマイチだが歌の上手さはピカイチのカンナは、 容姿は良いが才能が無い歌手の為に影の歌手をする仕事をしていたのですが、 そこのプロデューサーのサンジュンに恋をしています[ハートたち(複数ハート)]

それを知ってか知らずか、サンジュンはカンナに優しいのです。

でも、カンナはある日知ってしまいます。

サンジュンがカンナに優しかった意味を・・・。

自分がブロデュースしている歌手の、”影の歌手”としてカンナを失いたくなかったのです[ふらふら]

カンナは大ショックを受け自殺を図ろうとするのですが・・・[がく~(落胆した顔)]、その時タイミングよくかかってきた電話によって、 カンナの気持ちは全身整形する気持ちへと切り替わるのです[ひらめき]


そこでカンナは手術の為に長期間を要することから、 2つのモノを手放してしまいます。

ひとつは、愛犬の愛(サラン)ちゃんをポイッと捨ててしまいます[がく~(落胆した顔)]

その後、愛ちゃんとは感動(?)の再会をするのですが・・・このエピソードが笑えます。

カンナが全身整形をしても愛ちゃんはカンナに気づくんですよね。

でもカンナは気づかれると困る・・・、でも愛ちゃんに会えて嬉しい・・・。

そのジレンマが面白く表現されています[わーい(嬉しい顔)]


もうひとつは、父親[ふらふら]

カンナの父親はボケちゃって病院に入院しているのですが、 この父親が面白おかしくいい味を出してくれちゃってます[わーい(嬉しい顔)]

整形後、カンナは父親に会いに行きたいけど行けません[たらーっ(汗)]

カンナの歌声で歌手をしていたアミが、カンナを見つけ出すために父親にくっついて離れないのです[ふらふら]

これも愛犬と同じように、他人のフリをしなければならないのが切なく表現されています[もうやだ~(悲しい顔)]


カンナは全身整形を受け、街を歩くと男性がうっとりするほどの美女に生まれ変わります[ぴかぴか(新しい)]

そして、サンジュンがカンナの代わりになる”影の歌手”を探していることを知ると、 米国育ちの『ジェニー』と名乗りオーディションを受けに行くのです。

そこでジェニーの歌声を気に入ったサンジュンは、本当の歌手としてジェニーをデビューさせ、 コンサートを開くことになるのですが・・・。

カンナは美貌を得て幸せになるために、友達を捨て父親を捨て、そして自分までも捨ててしまった自分自身に苦悩して、このコンサートで思いもよらぬ行動に出ちゃいます[がく~(落胆した顔)]

このシーンは、とても盛り上がる素晴らしいシーンになっています。

ステージもちゃんとしたセットが組まれていて本物のコンサートと同様だし、 観客も数千人はいるだろうという程の人がいます。

ドラマチックさがあって、感動的でした[ぴかぴか(新しい)]

この感動を味わうための今までの流れだったんだな~っと思わせてくれる程のデキです。

何度見てもウルウルしちゃいます[もうやだ~(悲しい顔)]


太っている時のカンナの特殊メイクは見事で、歯さえも違います。

そして、体つきや手までも、ちゃんとリアリティがあるデブさだし、 性格も上手く表現されています。

カンナは、可愛げのある憎めないおデブちゃんなのです[かわいい]

ただカンナについて不思議に思う所は、『影の歌手』としてを利用しているサンジュンの本音を知ってしまったのに、 サンジュンに対しての気持ちが変わらなかったことです。

しかもまた、自ら『影の歌手』のオーデションを受けに行っちゃうんですよねぇ[ふらふら]

自殺をしようとしたほど相当なショックのはずなのに、サンジュンを嫌いになることも仕返しすることもしません。

そこがカンナのお人よしな所・・・なのでしょう[いい気分(温泉)]

これが仕返し系になっていないのが、よくあるストーリーパターン&キャラになっていない所かな。

最初から最後まで、楽しめて感動出来るいい映画でした[ぴかぴか(新しい)][わーい(嬉しい顔)]


【音楽】  評価★★★★☆

全体的にいい感じで、 劇中カンナ(キム・アジュン)が歌う『マリア』は圧巻です[exclamation×2]

すばらしい歌唱力で、サビは何度聞いても鳥肌もの[exclamation]

ラストのコンサートシーンで歌う『星』という曲も、心に響くいい歌です[ぴかぴか(新しい)]






共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。