So-net無料ブログ作成
検索選択


韓国映画 「加速スキャンダル」 あらすじ&感想

     【制作】2008年

     【出演】チャ・テヒョン
          パク・ボヨン
          ワン・ソクヒョン

     【監督】カン・ヒョンチョル

     【脚本】カン・ヒョンチョル






【あらすじ】

ナム・ヒョンス(チャ・テヒョン)は、30代半ばの人気ラジオDJ。

彼のラジオ番組のホームページに、3ヶ月前から父親の事で相談を書き込んでいた、 6歳の子供を持つシングルマザーのファン・ジョンナム(パク・ボヨン)がいた。

そんなある日、番組の放送中に電話で話すことになったヒョンスとジョンナム。

「お父さんに会いに行く」と言い出した彼女を、ヒョンスは応援する。

ヒョンスの部屋に恋人美人キャスターがやってくる日。

ドアのベルが鳴り意気揚々と出迎えたら、みすぼらしい格好をした女の子が立っていた。

なんとリスナーのジョンナムだった。

そして驚いた事に、ヒョンスが中学3年の若かりし日に“過速(フライング)” して出来てしまった実の娘だと言うのだ。

おまけに「はじめましてお祖父様」と律儀に挨拶する、幼い孫のギドン( ワン・ソクヒョン)までいた・・・。

彼女らの出現で、「パーフェクト」だったヒョンスの人生が ガラガラと音を立てて崩れはじめてく。

そんな現実に振り回されるヒョンスに追い打ちをかけるように、 スキャンダルの匂いを嗅ぎつけた芸能記者の魔の手が伸びる・・・。

執拗に迫る芸能記者、自分を認めて欲しいと迫るジョンナム、 人気タレントとしての地位、さて本当に守らなくてはならないものとは・・・。


【感想】  評価★★★★☆

この作品は、『カンナさん大成功です!』『猟奇的な彼女』を超えて、韓国ラブコメ部門興行成績No1になり、 韓国で830万人を動員し韓国史上興行6位を記録した大ヒット作品です[ぴかぴか(新しい)]

私は、500万人を動員した『猟奇的な彼女』や、『カンナさん大成功です!』を抜いたとなると、 そんなに面白いのか[exclamation&question]と思い、期待して観てみました[わーい(嬉しい顔)]

この作品でのチャ・テヒョンは、これまでの作品のような3枚目の役とは違い、普通の男・・・って感じでした。

私は、『本当の娘かどうかで話を展開していくのかな?』 『どうせ本当は実の娘じゃないんでしょ?』と考えましたが、 ジョンナムが言っている通りヒョンスの本当の娘でした[いい気分(温泉)]

それは、すぐにヒョンスが知り合いの獣医にDNA鑑定を頼み、本当の娘であることが判明しちゃいます。


では、どういうストーリー展開かと言うと。

ヒョンスは有名人ゆえにスキャンダルを恐れているので、 娘と孫の存在を隠しながら3人で生活を始めるのですが・・・。

娘のジョンナムはいたって冷静で、 ヒョンスの心情はお構いなしに、ラジオ番組の歌のコンテストに出ちゃったりします[ふらふら]

もちろん偽名を使い、他人のフリをして・・・[ダッシュ(走り出すさま)]

ジョンナムは昔から歌手になるのが夢だったので、自分の夢の為に歌を歌い、 その歌の上手さに評判を集めることになります[ぴかぴか(新しい)]


そんなこんなで色々あり、いきなり父となり祖父となったヒョンスは 自分のペースをかき乱す娘や孫に愛情を持てずに、 2人といる生活が苦痛になってしまうのです[ふらふら]

そんなある日、芸能記者のポンにヒョンスの秘密を知られてしまう事に[たらーっ(汗)]

そして事件が起こってしまう[がく~(落胆した顔)]・・・といった感じのストーリー展開です。


孫のギドンが、めちゃめちゃカワイイです[黒ハート]

ヒョンスがギドンの通う幼稚園の先生に恋をしちゃうのですが、その架け橋をするのがギドンで、 そのギドンも同じ幼稚園の女の子に恋しちゃうという・・・・まさに同じDNAのなせるワザ?(笑)

あと、子供と言えば[ひらめき]

ヒョンス役のチャ・テヒョンの実子がチョイ役で出ていました[かわいい][わーい(嬉しい顔)]

この作品は、コメディ要素が所々にあり切ない展開にもなるので、ウケる人にはウケる作品だと思います[目]

なのですが・・・・。

私は、『普通よりちょっといいくらいかなぁ』と思いました。

大ヒットしたので期待が大きかったせいかもしれませんが、 所々にコメディ要素があっても、私は笑うほどではなかったし、切ない展開も何かちょっと弱く感じてしまったんですよねぇ・・・。

人それぞれウケるツボが違うっていうのもあるけれど、ギドンの可愛さゆえのヒットかな・・・と思いました。

なので私的には、『猟奇的な彼女』や『カンナさん大成功です!』を越えるような作品には ならなかったです[ふらふら]


【音楽】  評価★★★☆☆

全体的に普通にいい感じです[ぴかぴか(新しい)]

ヒョンス(チャ・テヒョン)が劇中で歌う曲が、『Because I Love You』。

そして、ジョンナム(パク・ボヨン)が歌う曲は、『自由時代』。

あと、それ以外にジョンナムは、『たぶんそれは』 『贈り物』 『Walking on Sunshine』の3曲を歌っていますが、この3曲は他の人が歌っているのをクチパクしています。

歌唱力を要する役なので、仕方ないですね・・・。

3曲ともいい歌です[るんるん]





共通テーマ:映画








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。