So-net無料ブログ作成


韓国ドラマ 「ラスト・スキャンダル」 あらすじ&感想

    【制作】2008年/16話

    【出演】チェ・ジンシル
         チョン・ジュノ
         チョン・ウンイン
         ピョン・ジョンス

    【監督】イ・テゴン

    【脚本】ムン・ヒジュン






【あらすじ】

39歳のホン・ソニ(チェ・ジンシル)は、仕事を掛け持ちしながら、行方不明になった夫の変わりに娘と姑を養っていた。

ある日、CMエキストラのアルバイトに出かけた先で、人気俳優のソン・ジェビン(チョン・ジュノ)と出会うが、思わぬ 乱闘騒ぎを引き起こしてしまう。

そんなソニの元に、20年前の初恋の人チャン・ドンチョルから電話がかかってくる。

久しぶりに胸がときめくソニだが、夫が詐欺で逮捕され、10億ウォンの保釈金が必要だと知り落ち込む。

実業家と称するドンチョルに会ってお金が借りられないかと考え、会う約束を取り付ける。

初恋の記憶を胸に再会を果たしたドンチョルとソニは、互いの顔を見て驚く。

なんとドンチョルは7歳さばを読み32歳のトップスターとして活躍中のソン・ジェビンだったのだ。

ジェビンは、かつてあこがれていた美少女ソニが、想像とは全く違うダサいおばさんに変わっていてがっかりする。

金で自分を買ってくれとセクシーな姿でドンチョルに頼み込むソニだったが、年齢詐称をばらされることを心配するドンチョルは、その姿を隠し撮りしてソニの弱みを握る。

2人が言い争う中、ドンチョルの兄ドンファ(チョン・ウンイン)が帰宅する。

慌てたドンチョルは、ソニを新しい家政婦だと嘘をつく。

ソニは成り行きから家政婦を始めるが、追い出したいドンチョルは彼女をいいようにこき使う。

ソニに対して意地悪しつつも、あくせく働く彼女が気になり始めるドンチョル。

そんな中、ドンチョルはスタジオでトップ女優のイ・ナユン(ピョン・ジョンス)と遭遇し、彼女からよりを戻したいと言われるのだが・・・。



【感想】  評価★★★☆☆

この作品はドラマのデキとしては普通なんですが、私にはいまいち面白く感じなかったです[たらーっ(汗)]

ストーリーは。

39歳のソニが行方不明になった夫のせいで苦労している中、昔の友人のドンチョルから電話が来ます。

そのドンチョルは、7歳サバをよんでいる人気俳優のソン・ジェビンとは知らないソニ。

20年ぶりに再会した2人はお互いの変貌に驚くのですが[がく~(落胆した顔)]

なんだかんだあってソニは、ドンチョルとドンチョルの兄とその息子のフンの3人が住んでいる家で、自分の娘を連れて住み込みで家政婦として働きだします。

そんな中、ドンチョルの昔の恋人である女優のイ・ナユンが海外から帰国して来ます。

ナユンはドンチョルに未練を持っていました。

最初は、ソニのことを邪険に扱っていたドンチョルですが、徐々にソニのことを気になって行く中。

そして、ドンチョルの兄のドンファもソニの事が気になって行きます。

ソニはドンチョルの家政婦をしながら行方不明の夫を探すのですが、夫はソニに嘘をついて新しい女性を作っていました[ふらふら]

夫と再会するものの、夫は浮気相手の女性と結婚したい為にソニに嘘をついて2人は離婚をするハメに。

ソニを気になるドンチョルとドンファ。

そして、ドンチョルの昔の恋人ナユンが加わり四角関係になり。

離婚や夫の裏切りで傷ついたソニを支えていこうとするドンチョルと、ドンチョルも知らなかったある事実が判明していく・・・といったストーリーです。




この作品はラブコメです[ムード]

特に面白いコメディがあるわけではないけど、ソニとドンチョルがケンカをする辺りがちょっとだけ面白く作ってある感じ。

トータル的には、普通の作品といった感想です。

面白いか?と言えば面白いというほどではない・・・かな[いい気分(温泉)]

前半面白くなくても後半に盛り上がれば、結果面白く感じますが。

前半と後半で、変わりない調子でした。

出演者も誰一人好みの人がいなくて、キャラも好きなキャラもいなかったし[ふらふら]

ストーリーも面白いというほどではないし・・・。

出演者達が中年の男女と子供2人がメインなので、華がないないです。

出演者の中に好きな俳優がいれば、また見方が違うかも。

と、いい所なしの作品のような評価をしちゃってますが、ごくごく普通に観れるドラマです[わーい(嬉しい顔)]

韓国ではそこそこ視聴率の良かった作品のようなので、私個人の好みの問題かな。

ちりちり頭のおばさんパーマがとても似合っているソニ役の、チェ・ジンシルの遺作となってしまった作品です・・・[もうやだ~(悲しい顔)]




【音楽】  評価★★★☆☆

全体的に普通です[かわいい]

メインテーマ曲は、「恋のはじまり」。

挿入歌は、「ときめき」、「恋人がいるのよ」、「約束」など。





共通テーマ:テレビ








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。