So-net無料ブログ作成


日韓合作ドラマ 「I am GHOST」 あらすじ&感想

     【制作】2009年/120分

     【出演】ソ・ジソプ
          谷村美月
          杏子
          木下ほうか
          袴田吉彦

     【監督】園田俊郎

     【脚本】平田研也




【あらすじ】

一切、痕跡を残さない。

言葉さえも封印する。

それが暗殺者の掟だった。

密入国し、国籍を隠すためにひと言も言葉を発せず、 ターゲットを消した後には痕跡を全く残さないまま立ち去る暗殺者(ソ・ジソプ)。

人は彼を「ゴースト」と呼んだ・・・。

暗殺を遂行するため日本に送り込まれた男と、自殺を図ろうとしていた女性高生・愛(谷村美月)。

男は愛と出逢い、日本からの脱出に失敗する。

そしてその瞬間から、彼は消される対象となる。

彼を雇った組織、仲間を殺されたヤクザ、そして情報を握る記者。

複数から追われる四面楚歌の中、男が少女を守りながら、彼らはどこへ向かうのか。

帰る場所のない二人の、哀しい逃避行の物語。


【感想】  評価★★☆☆☆

この作品は、携帯電話の配信サイト「BeeTV」初の本格アクションドラマで。

アジアのトップ俳優ソ・ジソブと、アカデミー賞受賞作の脚本家によって作られた、1話が5分の全24話になっています。

ということで、ソ・ジソプ主演のドラマなので期待して観てみました[かわいい]

が・・・。

ジソプって、何もしゃべらない役なのね[たらーっ(汗)]

それに舞台は日本なので、ジソプがしゃべらないとなると、出てくる言葉は当然日本語だけです。

なので、雰囲気などすべて含めて100%日本ドラマと言ってもいい作品でした[いい気分(温泉)]
ストーリーの方は。

高校の教師にいたずらされて心に深い傷を負った愛(谷村美月)が、自殺を図ろうとしていたビルの屋上で、 ケガをしていた『ゴースト』と呼ばれる殺し屋(ソ・ジソプ)と出会います。

『ゴースト』は、日本のとある組織に暗殺を依頼されて日本に来たのですが、結局『ゴースト』自身もその組織に追われることになり、なぜかしら愛も『ゴースト』と一緒に逃亡する・・・というストーリーになっています。

愛にいたずらをした教師が何度か愛の前に現れたり、組織に追われたりとハラハラドキドキしそうな設定ではありますが、まったくスリルがありません・・・[たらーっ(汗)]

中身があるようで無い・・・というような淡々とした感じになっちゃってます。

個人的な感想としては、韓国では超主役級のソ・ジソプに、この役はやって欲しくなかったです[バッド(下向き矢印)]

ストーリー展開や作り方など全体的に面白みが無い作品なので、できればもっと大作に出て欲しかった・・・。

どうして、この作品に出ちゃったの???と思ってしまいました[ふらふら]

制作が携帯電話配信サイトなので、予算的にはこんなものなのかも・・・ですが。

もうちょっと何んとかして欲しかった・・・[いい気分(温泉)]


【音楽】  評価★★☆☆☆

とくにコメントなしで。





共通テーマ:テレビ








QLOOKアクセス解析
ブログ開設日2010.6.10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。